設計事務所の建築物省エネ法に準じた省エネ申請代行はお任せ下さい。建築物の省エネ申請代行の低価格化を実現しました。(愛知県/岐阜県/三重県/東海限定)建築物省エネ申請の手間や不明点はオフィスオオワキにお任せ下さい

設計事務所の建築物省エネ法に準じた省エネ申請代行はお任せ下さい。建築物の省エネ申請代行の低価格化を実現しました。(愛知県/岐阜県/三重県/東海限定)建築物省エネ申請の手間や不明点はオフィスオオワキにお任せ下さい

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する申請を
速く安く確実にする秘密は
徹底的な地域密着にあります
サービス品質維持のため、愛知・岐阜・三重以外のお客様は対応できません
お問い合わせは無料です。お気軽にお問い合わせください

設計事務所のみなさま、こんなお悩みありませんか?

  • そもそも、省エネ申請自体がよく分からない
  • 省エネ申請の作業を建築士が行うと、コストが高い
  • 郵送での申請ができないので、時間もコストもかかる
  • 申請からスムーズに承認が下りないので、着工が遅れる
  • 行政窓口とのやりとりが煩わしく、とにかく時間がかかる
  • アウトソーシングしたいが、専門家が見当たらない

なぜ、このような悩みが発生するのでしょうか?

実は、、 設計事務所様以上にお悩みなのは、行政機関の皆様です!

2,000㎡以上の非住宅建築物の適合義務は、平成29年4月から全国で同時に適用された新たなルール。 新しいが故に、所管行政庁にその解釈が委ねられているのが現状です。

窓口担当者や確認担当者とのやりとりが増加してしまう

分からないことはメールやFAXで質問が来て、時間が大幅にロス!
  • 着工の遅れ
  • 煩雑な管理
  • コスト増加

他にも郵送で提出も引き取りもできない!その都度、出向く必要が・・・

全国のほとんどの自治体では、郵送による受付ができないばかりか、 承認後の書類も引き取りに行かなくてはいけません これでは、建築士事務所様の負担が増える一方です。

他にも現在は300㎡以上の建築物が対象。
2020年には、全ての新築建築物への基準適合化義務へ!

平成29年4月より、建築物省エネ法の規制措置が施行されました。 現在は2,000㎡以上の非住宅建築物で適合義務、300㎡以上の建築物が届け出対象ですが、2020年までに戸建住宅含め全ての新築建築物について段階的に一定のエネルギー消費性能に関する基準への適合を義務化することになります。 早めに社内での対応方針を定める必要があります。

そこでご提案!

設計事務所の建築物省エネ法に準じた省エネ申請代行はお任せ下さい。建築物の省エネ申請代行の低価格化を実現しました。(愛知県/岐阜県/三重県/東海限定)建築物省エネ申請の手間や不明点はオフィスオオワキにお任せ下さい
設計事務所の建築物省エネ法に準じた省エネ申請代行はお任せ下さい。建築物の省エネ申請代行の低価格化を実現しました。(愛知県/岐阜県/三重県/東海限定)建築物省エネ申請の手間や不明点はオフィスオオワキにお任せ下さい
実施するための東海3県専用サービス

建築物省エネ申請を、速く・安く・確実に実施するための東海3県専門サービス!
コストと品質を重視するための2つのお約束

エリア限定 行政機関の窓口担当者が書類を受け取った時に悩むポイントは様々。当社は東海3県の行政庁様のお困りごとを徹底的にリサーチします。省エネ限定 省エネ申請は煩雑な計算や行政窓口とのやりとりが頻発。スピーディーに皆様のお役に立つために、省エネ申請以外の代行は原則いたしません。
設計事務所の建築物省エネ法に準じた省エネ申請代行はお任せ下さい。建築物の省エネ申請代行の低価格化を実現しました。(愛知県/岐阜県/三重県/東海限定)建築物省エネ申請の手間や不明点はオフィスオオワキにお任せ下さい
御社のお手間もたった2つ
(1)必要な資料・図面を当社に提出いただく (2)出来上がった申請書に、印鑑を押していただく
お問い合わせは無料です。お気軽にお問い合わせください

品質Quality

オフィス大脇の省エネ申請代行の品質

OWAKIのこだわりは不備・手戻り率低減への挑戦。 他社にはできない「手間暇」をかけた専門サービスを展開します

【1】届出図書には描き表せられないが、重要事項をまとめた充実の補足資料を作成!

提出先の行政担当者様が「何に注意し、どこを質問するか」を事前に徹底リサーチ
届出図書だけでは説明が不足してしまい、不備となるケースが発生することもしばしば。
OWAKIでは届出図書に加えて充実した補足資料を標準で作成。スムーズな申請を実現します。

設計事務所の建築物省エネ法に準じた省エネ申請代行はお任せ下さい。建築物の省エネ申請代行の低価格化を実現しました。(愛知県/岐阜県/三重県/東海限定)建築物省エネ申請の手間や不明点はオフィスオオワキにお任せ下さい 届出図書だけではよく分からない...

設計事務所の建築物省エネ法に準じた省エネ申請代行はお任せ下さい。建築物の省エネ申請代行の低価格化を実現しました。(愛知県/岐阜県/三重県/東海限定)建築物省エネ申請の手間や不明点はオフィスオオワキにお任せ下さい

届出図書 徹底したリサーチで、行政担当者様を迷わせません!

【2】行政担当者とのやりとりは全てOWAKIが代行!

省エネ申請書は多くの自治体の場合、申請と承認後の書類受領が郵送ではできません。
行政担当者様からの連絡・質問事項も発生すると、そのやりとりだけでも煩雑となります。
OWAKIでは、申請手続き・承認後の書面引き取りはもちろん、面倒な質問対応も全て代行します。

価格Cost

オフィス大脇の省エネ申請代行の価格

徹底した業務効率化により、低価格を実現
大手全国展開の省エネ申請専門会社対比で オフィス大脇の省エネ申請代行 コストカット

■住宅の例標準的な計算対象20戸+共用部のマンションで比較した場合

大手全国展開の代行会社 OFFICE OWAKI
外皮計算 5,000円/戸〜 4,000円/戸〜
一次エネルギー消費量計算 5,000円/戸〜 4,000円/戸〜
共用部一次エネルギー消費量計算 30,000円/戸〜 24,000円/戸〜
合計金額 230,000円〜 184,000円〜

■非住宅の例

大手全国展開の代行会社 OFFICE OWAKI
モデル建物法による計算
(一用途につき)
50,000円/件〜 40,000円/件〜
標準入力法による計算 230,000円/件〜 184,000円/件〜
届出図書、補足資料等
作成費用
30,000円/件〜 24,000円/件〜

納期Delivery

オフィス大脇の省エネ申請代行の品質

申請書作成の最短納期は、業界最速クラスの オフィス大脇の省エネ申請代行 日!
承認までのトータル時間削減までがOWAKIのシゴトです。

申請書作成の最短納期は、業界最速クラスの オフィス大脇の省エネ申請代行 日!承認までのトータル時間削減までがOWAKIのシゴトです。

POINT1

申請書作成は 最短3日 の業界最速クラス!

設計事務所の建築物省エネ法に準じた省エネ申請代行はお任せ下さい。建築物の省エネ申請代行の低価格化を実現しました。(愛知県/岐阜県/三重県/東海限定)建築物省エネ申請の手間や不明点はオフィスオオワキにお任せ下さい

注)省エネ計画提出後、その提出を行った日から14日以内に、 省エネ適合性判定の結果を記載した通知書の交付が受けられることとなります。 ただし、その内容等に疑義がある場合、その期間が28日の範囲内において 延長されることもあります。(適合義務・届出マニュアル)』

POINT2

不備や質問が少ないので、承認までのトータル時間が標準10日

 設計事務所の建築物省エネ法に準じた省エネ申請代行はお任せ下さい。建築物の省エネ申請代行の低価格化を実現しました。(愛知県/岐阜県/三重県/東海限定)建築物省エネ申請の手間や不明点はオフィスオオワキにお任せ下さい

お客様の声Client's feedback

オフィス大脇の省エネ申請代行のお客様の声

当社クライアント設計事務所様より、
高いご評価をいただきました。

お問い合わせは無料です。お気軽にお問い合わせください

ご挨拶Greeting

オフィス大脇の省エネ申請代行のご挨拶

省エネ申請代行の牽引役として

設計事務所の建築物省エネ法に準じた省エネ申請代行はお任せ下さい。建築物の省エネ申請代行の低価格化を実現しました。(愛知県/岐阜県/三重県/東海限定)建築物省エネ申請の手間や不明点はオフィスオオワキにお任せ下さい
代表
大脇 正嗣
Masatsugu Owaki

1984年生まれ
2009年4月 (株)類設計室入社
2014年9月 スター・マイカ・レジデンス(株)入社
2015年12月 (株)VIPクリエイト入社
2017年6月 OFFICE OWAKI設立

〜手間なく、早く、お届けします〜

我が国のエネルギー消費の推移は、業務・家庭の民生部門が躍進する中 建築物に関わる省エネルギー対策は遅れをとっている現状にあります。 2016年に発効したパリ協定を踏まえ「日本の約束草案」で示した 中期目標=2030年度削減目標の達成に向けて、より省エネに対する 意識の向上が求められております。

しかし、建設業界特に設計事務所を取り巻く喫緊の課題として人材不足が挙げられます。 限られた予算、限られた時間、限られた人員でこれまでと同様或はこれまで以上に 成果を上げようと思案しても、省エネ基準という新しいルールが追加されたことで より負担が増え悩まされているのではないでしょうか。こうした省エネ建築物への対応は 社会的に求められる一方で設計事務所を主宰される皆様におかれましては日々設計業務に加え 申請業務等を内製化する体制をとることが難しい状況にあると考えられます。

そうした中で、設計者様の一助になれば、という思いから省エネ申請代行専門業者として 2017年に発足しました。今後、設計者様が省エネ基準について知識をお持ちになる事は必須ですが、 省エネ申請業務をアウトソーシングすることで、設計業務のパフォーマンスが向上し、 より専念頂けると確信しております。省エネ基準を満たし工期を遅らせることなくスムーズに 設計業務を進める事ができるように我々は今まで以上に皆様からの信頼獲得に努めます。 今後とも、皆様のより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム


  • まだお問い合わせの送信は完了しておりません
  • 入力内容をご確認の上、
    ページ下部の「送信する」ボタンを押してください。











お問い合わせはこちら


TOP